UQモバイルの端末補償サービスは必要なの?入らなくてもいい理由を紹介!

これから、UQモバイル端末の購入を考えているみなさん。

万が一、端末が故障したり、水濡れしてしまった場合に備え

端末補償サービスに入るべきか、

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

しかしながらネットでは、
端末補償サービスは加入する必要がないと言われているようです。

そこでこのページでは、
UQモバイルの端末補償サービスの詳細について調査してみました!

↓↓よかったら、こちらの記事もどうぞ↓↓

UQモバイルの端末補償サービスの内容は?

UQモバイルの端末補償サービスに加入するには、

月額380円(税込み410円)がかかります。

月に380円支払うことで、

自然故障・部分破損・水濡れ・全損を
「上限5,000円」で修理してもらうことが可能です。

修理の間の代用機利用料は、
1回の利用につき「1,000円」となっています。

ちなみに、急に電源がつかなくなった、
画面がフリーズしたなどの自然故障は、

1年目ならメーカー保証により、無料となっています。

また、盗難・紛失した場合の補償額は、
「10,000円」をUQモバイル端末購入代金から補填してくれます。

しかしながら、電池パック、バックカバーなど
保証のないものは対象外となるので、注意してください。

UQモバイルの端末補償サービスに対応している機種は?

「iphone 6s」「iPhone SE」を除く、
UQモバイルで購入出来る端末は全て対象となっています。

・SHARP AQUOS sense
・HUAWEI P20 lite
・HUAWEI nova 2
・KYOCERA DIGNO A
・FUJITSU arrows m04 premium
・HUAWEI p10 lite

など人気の機種は全て対応していますので、安心してください。

端末補償サービスに加入しない場合はどうなる?

自然故障 実費*
部分破損 実費
水濡れ・全損 実費
代用機利用料 1,500円
盗難・紛失 実費

ご覧のように、端末補償サービスに加入してない方は、
ほとんど実費で支払わなければなりません。

*ちなみに、1年目に自然故障した場合なら、
メーカー保証で無料となっています。

自然故障の2年目以降・部分破損・
水濡れ・全損の場合は、全て実費がかかります。

もし、修理に出さないといけなくなった場合は、
修理費をそのまま支払わないといけません。

修理にお金がかかるくらいなら、

新しい端末を購入した方がいいような事態に
なるかもしれませんので、注意しておきましょう。

UQモバイルの端末補償サービスが必要ないと言われる理由は?

ネットでは、UQモバイルの端末補償サービスは
加入する必要がないと言われているようです。

というのも格安SIMの場合、端末料そのものが安いので、

「修理費にお金をかけるくらいなら、
新しい端末を購入した方がいい」

という理由からのようです。

UQモバイルの端末補償サービスに加入すると、
月額380円(税込み410円)がかりますので、

1年目なら4,920円
2年目なら9,840円

の出費です(410円で計算)。

月額で見ると安く感じますが、年額で見ると結構な額ですよね。

おそらく普通に使っている分には、

端末が壊れたり、うっかり水濡れさせてしまうことは、
ほとんどないかと思われます。

加えて、1年目に自然故障した場合なら、

端末補償サービスに加入してなくても、
メーカー保証で無料となっています。

それでも、端末補償サービスは必要なのでしょうか。

次の項目で核心に迫りたいと思います。

UQモバイルの端末補償サービスは必要?結論はコレだ!

端末補償サービスに加入した場合は、
自然故障(2年目以降)・部分破損・水濡れ・全損した場合、

5,000円は最低でも支払わないといけません。

例えば、2年目以降に自然故障が発生したとして、

端末補償サービス料:9,840円(2年目)
修理費:5,000円

合計:14,840円

がかかりますので、確かに新しい端末を購入した方が
いいかもしれないですよね。

ちなみにUQモバイルでは、
無制限に補償を受けることが出来ますが、

壊したり、水濡れさせてしまうことは
そう何回もないと思いますし、

その度に5,000円を支払わなければいけません。

そう考えると、月額380円(税込み410円)を
支払い続けるのはもったいない気がしますね。

結論として、UQモバイルの端末補償サービスへの加入は、
普通に使う方なら入らなくてもいいかもしれません。

しかしながら、外で頻繁に使ったり、
破損や水濡れの危険があるような場所で使う方は、

端末補償サービスの加入を考えた方がいいかもしれませんね。

UQモバイルの端末補償サービスの申込み方法は?

UQモバイルの端末補償サービスに加入したい方は、

UQモバイルで端末を購入する際に、同時に申込みをしてください。

購入する際に申込みをしなかった場合、
後から申込むことは出来ませんので、注意してください。

申込み方法は、端末購入時の画面で
「端末補償サービス」をチェックするだけです。

※「iphone 6s」「iPhone SE」を除いた端末購入時のみです。
※初回契約時のみ申込みが可能です。

UQモバイルの端末補償サービスを受ける時は?

以下のUQモバイル受付窓口に連絡しましょう。

かけ間違えのないように注意してください。

UQ mobile端末補償サービス受付センター

0120-466ー446(通話料無料)
受付時間(9:00~21:00)

UQモバイルの代用機利用とは?

さて、修理に出したら、その間に使う端末が困りますよね。

UQモバイルでの代用機利用料は、

端末補償サービス加入で、「1,000円」
端末補償サービス未加入なら、「1,500円」

となっています。

しかしながら、

・代用機の破損の場合は、最大5,000円
・盗難・紛失・未返却の場合は、機器代金相当額

を支払わなければいけませんので、注意して扱いましょう。

UQモバイルは、端末補償サービスに加入していなくても
代用機が利用出来るので便利ですね。

まとめ

いかがでしたか。

UQモバイルの端末補償サービスについて
だいたい分かりましたでしょうか。

個人的には、普通に使う分なら加入しなくてもいいと感じました。

みなさんそれぞれの考え方で加入を決めていただければ、と思います。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓↓よかったら、こちらの記事もどうぞ↓↓


↓↓料金プランについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もどうぞ↓↓

2018年9月7日UQモバイルの端末補償サービスについて

Posted by UQ